パイロットになるための学部選び

あこがれの職業、パイロット

日本国内はもとより世界の国々を渡り歩く仕事といえばパイロット。男の子の憧れの職業だが、今や女性パイロットも世界中で活躍しているという。

パイロット、とりわけ国際線のパイロットに必要不可欠なものは英語だ。管制塔とのやり取りはすべて英語、さらに、乗務員も日本人ばかりではないことからも機内でのコミュニケーションも英語で行われている。

そうしたパイロットになるための技術を学ぶ大学・学部も数校あり、英語の教育も徹底しているのでがぜん夢に近づくことができる。その他、英語を学ぶ学部を狙うという選択肢もある。

パイロットの技術を学ぶ学部

マネジメント学群航空・マネジメント学類フライト・オペレーションコース
先進工学部機械理工学科
宇宙航空システム工学科
航空工学部航空工学科
危機管理学部航空技術危機管理学科
理工学部航空宇宙工学科
工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻
システムデザイン学部航空宇宙システム工学科
理工学部機械工学科航空操縦学専修

パイロットに不可欠な英語を学ぶ学部

人文学部に属する英語コミュニケーション、
国際教養学部に属する国際教養学科
国際・英語学部
国際文化学部に属する英語文化学科
国逢文化交流学部に属する英語コミュニケーション学科
国際言語文化学部に属する英語英文学科
国際キャリア学部
リベラルアーツ学群に属する言語学
グローバルコミュニケーション学群に属する言語探求専修
国際交流学部
教養学部
国際教養学部
国際コミュニティ学部
地域共生学群に属する英語専攻・ロシア語専攻
グローバルコミュニケーション学部

なるため! パイロットその①
パイロットへの道のり 旅客機のパイロットになるには、まずは副操縦士の資格をとり、経験や訓練を重ねて機長へという道のりに沿ってキャリアアップしていく必要があります。フライトは緻密さと極度の緊張感を伴うハードな仕事。また、機長になるまでには平...
タイトルとURLをコピーしました