箱根駅伝に出場する方法はいろいろある!

出場した20大学すべてがあこがれの的!

今年の箱根駅伝は青山学院が新記録を出して優勝を飾った。すっかり箱根駅伝の名門校となった。青山学院を目指す高校生ランナーの数も跳ね上がっただろう。もちろん、今年出場した20大学すべてが高校生ランナーの憧れの的となったことだろう。

今年の箱根駅伝はほとんどの区間を1位で走り続けた青山学院が一番テレビ画面に映ったことになる。二日間にわたった中継時間を考えると知名度を上げようとする大学が躍起になるのにもうなずける。

ところで青山学院と並んで一番画面に映っていたのが先導する白バイだ。中には箱根駅伝で白バイの運転をするのが夢で警察官になったという退院も多いという。今年の大会にも一人、そうした隊員がいたように、箱根駅伝に出場するには多くの方法があるようだ。そうして考えると大学選びもより幅が広くなるはずだ。自分だったらどの方法だったらと考えるだけでも楽しい。

警察官になるための大学選びも一つの選択肢だ

ちなみに警察官になるためには高校卒業同等レベル以上の学力が求めらる。警察官は地方公務員なので、各自治体が採用試験を実施する。試験区分はA区分とB区分の2種類があり、A区分は大学卒業または卒業見込みの者で、年齢は22歳以上33歳未満、B区分は短大卒、高校卒、または卒業見込みの18歳以上33歳未満となっている。

採用年度の4月から、高等学校、もしくは短期大学卒業相当者は10ヶ月、大学卒業相当者は警察学校に入学して6ヶ月間学ぶことになる。その間、全員に入寮が義務付けられ、外出なども厳しく制限されるが、地方公務員法に則った給料が支払われる。

なるため! 警察官その①
警察官になるために学んでおきたいこと 警察官になるためには、都道府県単位で行われる警察官採用試験に合格する必要があります。過去の問題から各都道府県の出題傾向を勉強しておくようにしましょう。 警察官採用試験 都道府県単位で行われる警察官...
タイトルとURLをコピーしました