警察官になるための学部選び

警察官になることを志望する多くの人は、「人を助ける仕事がしたい」。さらに、「正義感あふれる仕事がしたい」、そして、「公務員という安定した仕事に就きたい」などをあげている。

警察官になるためには高校卒業同等レベル以上の学力が求められている。また、警察官は地方公務員ということで、各自治体が採用試験を実施している。大学卒業の警察官の出身学科は政治・経済・外国語・工学から体育までさまざまだ。どんな警察官になりたいかをイメージして、プラスαの強みになりそうな分野の学校を選ぶというのもひとつの方法だ。人気なのは、公務員や法律系の専門学校。警察官採用試験対策に加えて、体力強化のトレーニングを取り入れたコースも設けられている。

警察官になった後で役立ちそうな学部といえば、その筆頭に挙げられるのは法学部ではないだろうか。また、政治経済なども役立つといえる。また、目新しいところでは危機管理学部というのもある。

さらに、体育学部や柔道や剣道などの武道をカリキュラムに取り入れた学部も即戦力となることからねらい目だ。

その他、プロ級のコンピュータ技術や、化学的な見地、英語などの語学力やコミュニケーション能力、そして運動能力なども求められていることからも、警察官を志すなら、どんな警察官になりたいかで各部を選ぶ必要がある。

なるため! 警察官その①
警察官になるために学んでおきたいこと 警察官になるためには、都道府県単位で行われる警察官採用試験に合格する必要があります。過去の問題から各都道府県の出題傾向を勉強しておくようにしましょう。 警察官採用試験 都道府県単位で行われる警察官...

 

タイトルとURLをコピーしました